2010年12月12日

Dane!っぺ! vol.3

今回で3度目の発行となりましたが、今年も出来上がりましたexclamation×2
F1010713.JPG

『Dane!っぺ!』は、月刊誌のように毎月発行することは出来ません。。。
けれども、その分いつ読んでもいいように広告的要素をもったものでなく“読み物にしたい”という方針で今号の発刊となりました!!

「読み物。。。」

なかなかむずかしいテーマだったのですが、
雑務部長としては、初心に戻り“趣味”について書かせて頂きました。

F1010712.JPG

最近では、仕事の内容ばかりの記事が多くなっているような気もしています^^ゞ
それも悪いわけではないんだと思うけど、これでは自分らしさも出し切れないないかな??
なんて思ったりしています。


Blogなだけにもっと日常に近いものにしたいと思っているのも事実。。。

今のブログサイトもちょっと面倒な仕組みのような気もするし、
もっとスムーズな更新ができるところないのかな?

ま、いろいろと考えもつきませんが
もう少しマメに更新できるようにがんばりますダッシュ(走り出すさま)



友達からも今号のDane!っぺ!の反響がありましたexclamation×2
 自分のこと書いただけに・・・^^ゞ

おもしろネタがあるわけではないのですが、
皆さんに読んでいただき雑務部長の人となりが判っていただければ!!なんて思っていますあせあせ(飛び散る汗)

同じ趣味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お気軽にお立ち寄り下さい^。^)ノ゛

週末は、店先にディスプレイしちゃってます手(チョキ)
目指せ!!趣味の店! なんてネ。

大田原市内の参加店や銀行などに置いてあるようです。
ぜひ、お手に取ってみてください。

どこにあるか判らない方や遠方の皆様、もしご希望がありましたらお問い合わせ下さいませ。
在庫がありますので、直接お送りさせていただきますv^^)


ちなみに元の『Dane!っと!』のページはこちら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓   
http://ohtawara.net/








posted by 雑務部長 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | New product! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

新製品いろいろ??


新製品!!

と、いうか・・・


オリジナル家具のラックです。
(先日のブランコもそうですが。。。^^ゞ)
最近、いろいろ作ってます!

P1001553.JPG
メッキ仕様の材料を探すのに一苦労しましたが、建具屋さんより無事入手いたしました!


壁に取り付けると本が収納出来ますv^^)
P1001555.JPG

お施主様のお子さんたちがピアノを習い始めたため、教材の本をしまいます。

どこにでも取付出来るから便利かも^^゙


で、もうひとつ。

“濡縁”を作りました!

IMGP04622.JPG
■45cmに切り揃えます。

IMGP04633.JPG
■きれいに並べ、算木に固定。

IMGP04644.JPG
■受け材を取付。(途中、塗装もします^^゙)

IMGP04655.JPG
■足の取付。

IMGP04666.JPG
■塗り残しをなくして、完成!!


明日にも、お施主様のお宅へお届けしたいと思いますv^^)

posted by 雑務部長 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | New product! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

お取り扱い、始めました!

ふだん、売っているのは

『土地』とか『建物』なのですが。。。


な、なんと!!


≪SHARP製品≫
SHARP.JPG

電化製品を販売させていただくことになりました^^゛


近年では、

インターホンがテレビホンに代わり

家具は“造り付け”になってみたり

薄型テレビが多くのご家庭で見られるようになり・・・
(壁掛けには、補強や配線が要)

電化製品と住まいが切り離せないものが多くなりました。


オール電化住宅も増え、電気メーカーと建材メーカーがとても近い存在になりつつあります。


そんな中、私たち建築会社は、
ユーザーであるお施主様は、建ててからもずっとずっと永い間お付き合いをさせていただいております。

どんなことでも責任を持って対応させていただく。
売りっぱなしにはしない。

そんな考えが電気メーカーさんや商社さんとも一致しました!!


価格は、大手量販店の方が安いと思います。ショージキ。。。
数を売ることは考えていません!
大切な1つをお届けいたします。

街の電器屋さんがとても堅実なご商売をされているように!
買ってからも信頼されるお店でありたいと思います。

もちろん、電気の専門店ではないので詳細な知識は、ありません。
けれども、メーカー担当者直接のバックアップがありますので安心してご購入いただけますv^^)


住まいと電化製品の関係ちょこっと考えてみませんか?
posted by 雑務部長 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | New product! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

地震の備えは

今年に入り、新潟中越沖地震が発生!

また、各地でも小規模ながらも地震が発生しています。

日本の建物の地震対策は、
阪神淡路の震災以降大きく変わってきました。

その具体的方法も今では
 耐震工法・免震工法・制震工法と多岐に渡ります。

(簡単にいうと、こんな感じかな^^)
@耐震 − 地震の“ゆれ”に建物が耐えること
A免震 − 地震の“ゆれ”を建物に伝えないこと
B制震 − 地震の“ゆれ”を建物が吸収すること

個人的な意見ですが、
いちばん大切なことは、番号順のとおりで耐震だと思います。

ABの免震・制震については、あるに越したことはありませんが、耐震バランスのとれた構造があって、初めて活きるもの。

肝心な骨組を抜きに対策はありません!!


今回、ご紹介ご案内するのは、そのいちばん後者になる“制震工法”についてですv^^)2つありま〜す!


WItHe.jpg
まず1つ目が、写真左の『ジオフォルテ』

大手Mホームさんでも採用されている制震工法です。





ナイス ジオフォルテ.mht

もうひとつが、Sハウスさんが地震のゆれを熱に変えるとCMでもやっている“あれ”です。
少し、カタチは変わっていますけど^^ゞ
考え方は、同じです。

tNr@_p[.jpg

どちらも「高減衰ゴム」を使った構造となりますので、大きな差はないものかもしれません。。。

大手メーカーのマネをするわけではないのですが、特殊な技術なのでどーしてもOEM的なものになってしまいます^^゛

必ずつけなければならないもの・・・
ではありませんが、地震に対策としては有効なものですので、今回ご紹介させていただきます!

私たちのよーな小さな会社でも、最新の技術をとり入れることができちゃうんです手(チョキ)

経験豊かな職人さんたちの“技”と最新の“技術”でより確かな住まいづくりをお手伝いさせていただきます。

詳しくは、お問い合わせ下さい。
posted by 雑務部長 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | New product! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

新製品?!

雑務ぶちょ〜の雑務部長たる所以exclamation
真骨頂exclamation&question

先日、
いい気分(温泉)フットバス”がついにぴかぴか(新しい)完成ぴかぴか(新しい)いたしましたぁーわーい(嬉しい顔)


前回の話では、製作途中でしたが・・・
製作の全貌を大公開ダッシュ(走り出すさま)
うちの下職の左官やさんと共にがんばりました手(チョキ)

@まず、足を入れる浴槽の選定。
前にも書いたように、既製のものがないことから始まり、足を入れる容器そのものがなかなか見つからなかったたらーっ(汗)

そんな中、目見つけたのがプラスチック製の“収納ボックスひらめき

ホームセンターなどいろんなところをまわったけれども、
これを見つけたのは、市内にあるスーパー“トラ○アル”
お施主さんにも空の収納ボックスに足を入れてもらい確認!
ここから製作が始まりましたあせあせ(飛び散る汗)

Aこの収納ボックスに石膏を流し込み“型”をとり
その型に、FRP(樹脂)を張り重ねていきます。
footB1.JPG

B樹脂が硬化した後、型からはずします。
ほぼ、形が見えてきていますが、パテ処理等の修正を加えていきます。(写真では分かりにくいのですがたらーっ(汗)
footB3.JPG
その後、排水用の穴あけとオーバーフローの加工を施し、樹脂成型が終了あせあせ(飛び散る汗)

C塗装
ココだけは私たちではどうにもならないので、好意にさせていただいている車の板金塗装やさんに依頼。
さすがにきれいな仕上がりでした。
車やさん、ありがとうございまするんるん

D本体枠の製作
出来上がった浴槽にあわせ、枠組みを製作。
(ここは、先日のブログのところです)
footB4.JPG

E現場への設置
出来上がったものをもって現場へ
据付にあわせて給排水工事を設備やへ工事依頼。
給水・給湯はもちろん排水(通常+オーバーフロー)もつけてもらいますダッシュ(走り出すさま)
そして、仕上材exclamation
この工事の間にタイルを貼ります。
今回は、天板・側板ともにタイルで仕上げましたぴかぴか(新しい)
90cm×90cmという大きな1枚ものを加工し貼りあげました。
(万が一のときのためにも横1枚は化粧ビス留めに...)

footB5.JPG

これで完成で〜す!!

世界に1つしかないフットバスです!


時間は相当かかりましたが、なかなかの出来栄えです。
お施主様にもご満足いただきましたわーい(嬉しい顔)
私たちも楽しかったです^^


下職の左官やさんはもちろん!
今回、この製作にご協力ご指導下さいました業者のみなさま本当にありがとうございましたm(__)m

これからもお施主さまに喜ばれるお仕事をさせていただくためにも、がんばりますので無理難題ぜひお聞かせくださ〜いexclamation


posted by 雑務部長 at 20:13| Comment(1) | TrackBack(0) | New product! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

洗濯機パン。

今回ご紹介するのは、『洗濯機パン』ですexclamation
PANA0141.JPG
洗濯機の下にある台あせあせ(飛び散る汗) そぉ、あれです目

なかなか目につかないものだけど、
洗濯機からの漏水や濡れものの水滴から床を守る大切な役目をしています。

通常の洗濯機パンは、そんな役目ですが、これはちがいますexclamation×2
さらに水栓がついているのです手(チョキ)

写真の右奥側が、“取出し口”左側が止水栓(蛇口)です。


なんでそんなものが必要かというと・・・

最近のドラム式洗濯機は、大きいものになると高さが120cmを超えるものが出ています。
「上に載るんだから、関係ないんじゃない?」
と、思われるかもしれません。

なんでexclamation&questionかというと・・・

洗濯機の上には、大抵の場合窓があります。
窓の高さが77cmほど(一例)
通常の取付位置で床から窓の下までで約120cm

すると…、

洗濯機パンの高さも含めると
水栓(蛇口)の取り付けが困難になってしまうのですあせあせ(飛び散る汗)

ひらめきそこで、この“ぴかぴか(新しい)洗濯機パンぴかぴか(新しい)”の出番ですわーい(嬉しい顔)
水栓が下にあるので、洗濯機を選びません手(チョキ)

どんな大きさのものでもだいじょ〜ぶるんるん

新築はもちろんですが・・・
洗濯機の買い替えでうまく入りそうもないときには重宝しますわーい(嬉しい顔)

お困りの際は、お気軽にご連絡下さ〜い。

リフォームなど住まいに関することならなんでもお問い合わせしてみてください。
なにかお力になれるかもしれませんダッシュ(走り出すさま)

posted by 雑務部長 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | New product! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

ぴかぴか(新しい)県北初 耐力面材『かべ震火』ひらめき

今回ご紹介させていただくのは、構造部材の一部になる耐力面材ですexclamation
kabesinka.JPG
以前から住宅の多くは、軸組構造が主なものとなっています。
(軸組−土台や柱や梁材)・・・もっと言うなら、縦や横に交差している構造材のこと

通常、この構造に筋交い(スジカイ-斜め材)をいれることで地震などの衝撃に耐えるよう設計しています手(チョキ)
近年、欧米から入ってきた2×4構造(パネル構造)を応用した軸組み+パネル構造でより強固な構造を造りだしました。

そして、今年から弊社が採用しているのが、潟Gーアンドエーマテリアル社の『かべ震火』ですexclamation×2
詳しくは、こちらへ―――> http://www.aa-material.co.jp/kabeshinka/

 
従来から様々な面材を試してきましたが、性能や価格などトータル面でこれに決めました!!栃木県(北部)ではぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)と担当営業から聞いています手(チョキ)

壁倍率3.5倍(構造強度)があり、防火性もある。自重も重過ぎず加工性もよい。そして、なんといってもネバリ強さも合わせ持つ素材なのですダッシュ(走り出すさま)

住まいづくりのご計画にぜひ構造の安心・安全も採り入れてみてはいかがでしょうか?
これからも那須住宅の構造のヒミツ!もどんどん公開しちゃいま〜すexclamation
目お楽しみにぃ―――っるんるん
posted by 雑務部長 at 18:59| Comment(1) | TrackBack(0) | New product! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。