2016年06月12日

輻射を考える。。。

床・天井の気密施工の際に使用している気密シートは、
アルミを蒸着したタイプのものを選んでいます。

それは、なぜかというと。。。
断熱していても逃げる熱が多いから。

壁用のものは、パック化したものがあり安価であるので、
通常よくある白いもの。


柱間のピッチが合わない場所などでは、
白いシートを取ってしまうことがあったりすので
アルミタイプのものを流用することもよくあります。
(見た目は、ちょっと変ですが。。。)

IMG_9141.JPG
ふと、現場で
『この違いってどうなんだろ??』
と思った。

実は、
改めて、この違いを数字で確認したことはなかったんです。



その実測の結果がこちら。
(現場にあった添え木で距離を合わせ、放射温度計で測定してみました。)


気密断熱面に対して横から測定してみると、

白いシートは・・・
IMG_9151.JPG

表面温度 23.0度


アルミシートの方は・・・
IMG_9152.JPG

表面温度 23.6度 (+0.6度右腕分?!)


次に

気密断熱面に対して正面から測定してみると、

白いシートは・・・
IMG_9147.JPG

表面温度 23.2度


アルミシートの方は・・・
IMG_9149.JPG

表面温度 25.2度 (+2.0度体の分?!)


ここから言えることは、
自分の熱が50cm程度離れていても、きちんと輻射熱として伝わっていること!

そして、なによりもアルミ蒸着のシートは、きちんと効果を発揮していたこと!!

輻射熱効果のある暖房機器を選べば、より効率よく暖房が出来ること!!

ただ、この場合“静止空気層”は必要なのか?!

石膏ボードを張ったら同じような結果が出るの?!


考えだすときりがなくなるけど。。。
ちょっとの工夫で、大きな効果が得られること。
いろいろ気になります。

多少コストアップがあったとしても
やっぱりというか、別張りの気密施工も考えなければと思うのでした。。。





posted by 雑務部長 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱住宅のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

すご〜く、声を大にして言いたいこと。

少し久々となってしまいましたが・・・

今日、資料づくりをしていて見つけたページ(サイト)

社団法人日本建材・住宅設備産業協会
http://www.jkiss.or.jp/syoene/index.htm

その中にあったQ&Å
『断熱工法に優劣はあるのでしょうか?』
http://www.jkiss.or.jp/syoene/qanda/kouka/a_11.html

といいたもの。


ココに書いてあるとおりなのです!!


同業者の皆様。

断熱材には、それぞれの特徴があり優劣もあるでしょう・・・

けど、私たちが造っているのは、住宅(建物)なのです!!
決して断熱材を作っているのではないのです。

そこを勘違いされている方が多いように思えます。
(きっと、断熱材メーカーや会社(上司)からの受売りなのでしょう。。。)


それぞれの特徴を活かし、お施主さまに納得していただけるものを提供する。



それが私たち創り手の役目だと思うのです。






posted by 雑務部長 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱住宅のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

この季節、花粉症でお困りの方へ

高気密・高断熱住宅って何?家
どんな家?!
という方が多いかもしれませんので、まずそのあたりから〜

『高気密・高断熱』という呼んで字の如く、気密性が高くて(良く)断熱性が高い(良い)住宅です。

もともと木造住宅は、隙間や通風があることで様々な環境(気温や湿度)にも耐える住宅でした。しかし、経済の成長と共により快適な住環境を求めるようになると住宅建材も発達(アルミサッシ等の普及)し、従来の概念を変えるものとなりました。
ここから、住宅の量産化が始まりますが、結果的には質の低下を招くこととなりました。(結露やシックハウスなど)

現在は、海外からの技術や基準を積極的に学び、より質の高い身体に優しい住宅が出来るようになりました。かわいい
                    それが、高気密・高断熱住宅ですexclamation×2
そのメリットは〜

快適 − 家中どこにいっても室温差の少ない快適な居ごこちです。
          梅雨時のジメジメも抑えます。
健康 − 結露(湿気)を抑えるので、ダニ・カビの発生も抑えます。
          高い気密性で、土ぼこりや花粉もシャットアウトexclamation
省エネ− 高い気密・断熱性で、冷暖房費も半分にexclamation×2
          (お知らせ〔カテゴリ〕の電気料金をご参照下さい)
防音 − 高性能断熱材(GW)で防音効果がUPexclamation×2
自由 − 間取りも今までの概念にとらわれずにつくれます。
          大きな吹抜けがあっても快適ですわーい(嬉しい顔)

 ・・・デメリット〜
   防音効果が高い分、室内の反響音があります。
   (弊社では、これを低減するためにも<GW>グラスウール断熱材をおすすめしています。)

読んだだけでは、解りにくいこともあるかもしれません。
ぜひ、現場内覧会で体感してみて下さい。
イベント4/8(土)・9(日)で完成内覧会も予定しています。

     
posted by 雑務部長 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 高気密・高断熱住宅のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。