2011年09月08日

きほんがだいじ!!

先日、あるサッシメーカーの営業さんがみえた。

もちろん、サッシの商談で来たんですが。。。


その中で、ソーラー発電システムの話になったのです。

後付にせよ新築時にせよ
『ソーラーは、2番目3番目に考えるべきものだよね!』

強く同感!!


(営業さん的には性能を売りにしてるんでねぇ〜^^゛)
サッシを、後で換えるのは非常にたいへん。
だから、高価な太陽光発電よりもよいサッシをつけましょうということです。



でもそれは、常々思っていること。
近年のお施主様みなさまにも同じようなことをお話させてもらっています。



大切なのは、家そのものの性能をあげること。

それがいちばんなのですb^^)




大きな投資(ソーラーの設置)をして、少しずつ回収(売電)をしていくことよりも。。。

最初から電気代を抑えられる省エネ住宅(高気密高断熱化)にすればよいのです!!
その方が、はるかに工事代を抑えて、すぐに効果が得られますv^^
ソーラーでの効果(いわゆるプラスになる)が出るのは十数年から20年後>。<
場合によっては、回収不可なんてことだってあるかもしれません。


けど、省エネ住宅にしてからソーラーを設置すれば、そのまま効果だって倍増するはず!!

見せかけとまでは言わないものの、、、
省エネの基本構造が出来てないのにただ載せるだけでは本来の効果や意味が無いようにも思います。


だから

お家の性能はとっても大切なんです!


屋根にソーラー発電のシステムを載せても
基本的に生活スタイルは何にも変わりませんよね。

ただ、毎月の電気料金の支払いが少なくなるだけ。。。


けど、省エネ住宅にすると・・・
夏の暑さも和らぎ(暑くない)、冬はあったか〜いお家に大変身しちゃいますヾ^∀^)ノ゛

まず、冬の結露がなくなることをはじめ、花粉症やアレルギーの症状が改善したり、血圧が下がった!
なんていうお施主様だっているくらいです。

温度差の少ないお家の中は、今までの建物とは全然違います!


省エネ型のお家は、CO2の排出だって抑えることが出来ます。


さらに言えば、
1000ワット相当(およそ冷蔵庫1日分の電力)のソーラーのパネルを造るための材料消費量は、その消費量分で冷蔵庫を20年間使用できる電力を発電できるんだそうです。

これは、返って大きなエネルギー消費を生んでいるということになるんです。

地球環境を考えると。。。

高変換効率なものを選ぶか、
少し先に考えるべきもののように思うのです。

自然エネルギーの利用は、大切な考え方です。
ソーラー発電のことを少し悪いように書いてしまいましたが、すべてが悪い訳ではありません。

ソーラーだって災害時には役に立つことだってあります!
(昼間だけだけど。。。^^゛)

すばらしい技術がどんどん開発されています。
それらをつかって、人に、地球にやさしい住まいづくりが出来たらなぁ。。。

 なんて思っています。



まとめ!

省エネ家電。高燃費の車。高効率の住宅設備!!

と、いきたいところですが・・・


お家だけは工場で造っていないんです^^゛

だから・・・
家づくりにはその現場にしか出来ない技術が必要なんです!!
お家そのものを高効率化させなければならないです!!

高機能な設備を付けることは、お金さえあれば誰にだって出来ること。

オリジナルの知恵や工夫。
お家に詰め込む夢や希望を実現させ、そこでしか出来ないことを積み重ねていく。


ハード面、技術的な事だけど、大事なことだと思っています。

















posted by 雑務部長 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑務部長日記A(思いのまま) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック