2011年03月26日

東北地方太平洋沖地震

まず、今回の地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
そして、被災された皆様やそのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

また、一方で被災された方々への支援や災害対策に全力を尽くされている皆様にも心からの敬意を表します。


弊社においても、お客様のご自宅の屋根等の仮復旧に尽力。
震災廃棄物の処理も終り一段落したところです。

この震災で、お住まいに被害を受けた方も多いのではないかと思います。
私たちも早期の復旧を目指したいところなのですが・・・
製品を作るメーカーさんたちの工場が軒並み影響を受け、まともな生産が出来ないのが現状となっています。

よく“北に行くほど人件費は安くなる”と言われていましたが、
その東北地方の人たちに、どれだけお世話になっていたのかと、その功績をを改めて実感しています。


多くの被災された方が、まだまだ不便な生活を強いられています。
そう考えれば、栃木の皆さんの多くは電気さえあれば通常の生活が出来る状況にあります。
多少の不便もあるかもしれませんが。。。

しかし、こんなときだからこそお互いに労わりあう気持ちが大切なのだと思います。

便利な(になり過ぎた?)日常生活を少しだけ考えてみるよい機会です!!
近年騒がれているCO2の地球温暖化にも貢献できるかもしれませんv^^)゛

いい加減、なかなか削減出来ていない日本に警鐘を鳴らしてくれているのかも。。。
(とはいえ、あまりにも被害が大き過ぎます;。;)


私自身、アウトドアの趣味があるので、常日頃自然の大きさと人間のちっぽけさは感じていました。
外へ出て、日常の有り難味も感じ。また、その不便さを楽しむようにしています。

便利なものが不便になるということは・・・
大抵、“時間がかかる”ということになります^^゛

その時間を有効に活用し、その時を楽しむ。
それには、ちょっとだけココロのゆとりが必要になります。
(自然に囲まれるとそうせざるを得ないだけなのですが^^ゞ)

優しさやゆとりをもって行動する。
そんな気持ちが大切です。


しばらくの間は、様々な不便や理不尽に思うこともあるかもしれません。
けれど、天災によって引き起こされたこの事態は、誰のせいでもないものだと思うのです。
(事態収拾のリーダーシップの話は別として ̄ ̄;)


慌てず、騒がず、ひと呼吸。
ひとり一人の冷静な対応が験されているのが、今(現実)なのだと。。。



ちっぽけな会社なので、直接被災地に出向くことは出来ませんが、まず自身に出来ること。
身近な県内であってもお家に損傷を受けた方もたくさんいるはずです。

そんな皆様のお役に立つべく

私は、“家づくり”を通して
この現実、社会に貢献していきます!!


被災地の一日も早い復旧復興をお祈りいたします。












posted by 雑務部長 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑務部長日記A(思いのまま) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック