2012年11月26日

ジャパンホームショー参加

いつもお世話になっている
JBN(次世代の会)の活動でブースのお手伝いに行ってきました!

会場は、東京ビックサイト。
F1001955.JPG

JBNブース
F1001957.JPG
この周辺も関連団体のブースがたくさん出ています。

お仕事といっても雑用です。
あとは、合い間で工務店仲間との情報交換!!

そして、各地で活躍する社長さまのセミナーもあります。
F1001956.JPG
こちらは、長野県の小林創建・小林稔政社長。
同世代ではありますが、たしか20代のうちに社長に就任されています。
様々なご苦労を踏まえ、今もなお活躍されています。
自分の甘さも実感しつつ、より身近にお話を聞かせていただきました。

F1001959.JPG
そうそう、とちぎの木材のブースには
“とちまるくん”もいました!!
各地で大活躍ですね。
(栃木県の木材は、実はあの岐阜県に次ぐ木材産出全国第2位!!良質な材木が多いのですb^^)


そして午後は、セミナーの参加。
「自然エネルギーを活用した家づくりを目指して」

テーマは、
福島明先生(北方建築総合研究所 副所長)
「パッシブ換気と高性能住宅について」
坂本雄三先生(東大工学部教授)
「新しい省エネ基準とすまいづくり」

自然エネルギーを無駄なくどう取り入れていくべきか。。。
より省エネが求められる時代に住宅はどうあるものか。
F1001960.JPG

559010_387155368028948_977572203_n.jpg
ほんとにいろいろ学んでいかなければなりません。
県内では、なかなか聞くことの出来ない話がほとんどです。


工務店が抱えている問題や課題って、
やっぱり同じ立場の人間がいちばんよく解っているんですよね。

今では、各地に工務店仲間たくさんいます。
こういった機会を活かして、よりよいお家を創っていきたいですね!!






posted by 雑務部長 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | いろんなおしごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぷらんたいも。

もはやスマホの時代?!
現代の英知を活かして、もっとうまく仕事が出来るのでは・・・
と思う昨今であります ̄。 ̄;

ガラケーにイライラしながらも
いまだスマホが導入出来ていない雑務部長です^^ゞ
(スマホならもっと頻繁に更新できるかな??)


さて、話は代わり週末の出来事。
世間的には連休だったので、甥っ子が遊びにきました!

うちの社長(父)が丹精は込めず
ほったらかしのように発砲スチロールの箱で育ったサツマイモが収穫の時期を迎えました。

ちょっとした“芋ほり”です!!
3つの箱がありましたが・・・
F1001990.JPG

大きさも箱によって違うみたい。
どういう理由なのかはわからないけど、大小様々なのが採れました!!

F1001993.JPG

発砲スチロールは、土が冷えなくてよい?!とかなんとか・・・
私にはよくわかりませんが、まずまずの収穫に甥っ子も喜んでいました。

遅い秋の味覚。
もう冬が目の前に来てますね。。。








posted by 雑務部長 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑務部長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

せん断試験見学

いつもお世話になっているJBNの活動に参加して参りました!

大型木造委員会に参加させてもらっているのですが、
なかなか都合が合わず、試験の日ではありましたが・・・
やっと参加してきました^^ゞ

よくカタログでみるような試験なので、
ちょっとワクワクだったりします!!

◎F1001918.JPG
場所は、金物メーカーのカナイさんです。

大型木造を造るための構造材の強度試験。
◎F1001915.JPG

主に荷重をかけたときのビスの強度についての試験となります。
無垢材と集成材や合板の組み合わせで調べていきます。
◎F1001904.JPG

集成材でもたまたま節に当たった試験体は、よい数字がでないことも解りました。
基本無垢材を使っていくことを想定しているので、
同じ形の試験体をいくつも検査していきます。
◎F1001913.JPG

ビスのせん断予測も材の厚みによってくることや
ビス自体のネジきりの位置も重要なことが確認出来ます。

◎F1001905.JPG

平均的には、まずまずの数字が出ていたようです。
詳しいところは、私なんかがあーだこ〜だ言えるところではないので
教授の先生方はじめ、学識のあるみなさんにお任せしたいと思います。。。

私の方で言えるのは、途中で先生方からもあった施工に際しての話。
例え最高の強度が出たとしても、あまりに面倒な施工が必要となれば
それでは普及が期待出来ない。。。
そういったことをより現場サイドの目線からつめていきます!!

現実を想定して、より強固で施工性の優れた材を検討していかなければ、
木造建築物の多様化は望めません。

公共建造物の木造化が望まれる昨今
これからは、地域の工務店が一般住宅以外の大きな木造建物を造ることも期待されています。

そんなときの力になるべく先進の取り込みです!!
思うように参加出来てはいないのですが、少しでもその場の経験や見識を活かしていきたいです。

地味な場ではありますが、ほんとうに貴重な場所でした。
何か言える自分ではありませんが、会議のほうにも参加せねば!

と思うのでした。。。 ̄。 ̄ゞ










posted by 雑務部長 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑務部長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。